« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

しあわせって何?

今日は、月1回の「ヨーガ・セラピー」の講座日なので、町田まで行ってきました。

今日のテーマは「ギヤーナ・ヨーガ」。

不勉強な私はギヤーナ・ヨーガって始めて知ったのですが、どんなヨガなんでしょう?

「ギヤーナ・ヨーガとは、哲学的思索により感覚を制御して自我を克服し、真理に到達する方法である」(スワミ・ヴィヴェーカナンダ「ギヤーナ・ヨーガ」より)

私たちの中には沢山の欲望があります。

お金もうけて贅沢に暮らしたい、ブランドものの服やバッグがほしい~、エステにいって綺麗になって差をつけたい~、とか、他にも食欲、性欲、所有欲、、、、。

それらは主に感覚器官(五感)から生まれてくるもの。

欲があるからこそ潜在能力も発揮されて、進歩することもある。

だから、欲望は決して悪いものではないのですが、本当の幸せは物の豊かさ(感覚器官の対象物)の中にあるのか?と自問自答するところから始まります。

そして、人間の本性とは?幸せとは?迷妄(マーヤ)とは何か?と哲学的志向をめぐらせ真理に至ってゆくのがギャーナヨガの方向性だということでした。

なんだか難しいけれど大切なテーマですね。

物質的な欲望はきりがないし、死んでしまえばおしまいだし。

そういえば、最近人気の「佐賀のがばいばあちゃん」も、チョー貧乏でも心の持ち方ひとつで明るく幸せになれるってことを、ばあちゃんが教えてくれてた。

○○がないから幸せになれない~、△△だから不幸なんだ~、と言わない潔さがカッコ良いおばあちゃんでした。

逆に、資産家で持てるものが沢山あるゆえに、猜疑心が強く不幸感に陥ってしまう場合もあるでしょう。

「青い鳥」のテーマは、幸せは自分の外ではなくて内にあるということでしたけれど、心のあり方しだいで幸せ感はずいぶん違いますね。

外の世界にではなくて、自分の中に確かな拠り所となるものがあれば、社会の変化や環境の変化、自分の肉体の変化などに、それほど惑わされずにすむのでしょうね。

話は変わりますが、私は、以前は感情の波がとっても激しくて、それにずいぶん引きずられてました。

劣等感とうぬぼれの間を行ったりきたりで落ち込みとハイの波が大きかったり、怒りっぽかったり。

多分、人からの評価をすごく気にしていたからだと思います。

でも、ヨガを続けてきたおかげで、自分の中の中心、拠り所となるものがだんだん育ってきたようで、感情に振り回されることが大変少なくなりました。

これはヨガで得た大きな収穫です。

| | コメント (6)

南林間カルチャー

Phto0006_1こんにちわ!

今日は午後から南林間カルチャーセンターでのレッスン。

写真は夜クラスの様子です。Phto0007_2

上の写真は英雄のポーズ。足腰が強くなり元気が出て、やせる効果も高いポーズ。少々きついけれど、終わった後の爽快感がたまらない。

下はねじりのポーズ。背骨や骨盤の歪みを整えます。

他には木のポーズやワシのポーズ、猫のポーズ、肩の上下の修正などを行いましたが、

木のポーズで1分間静止たところ、殆どの方が安定して立っていられた。すごい進歩!です。

年度末で何かと忙しく、また転職や部署が変わるなど変化の多い時期。風邪もはやってて体調も崩しやすいですが、ヨガをうまく活用して乗り切っていって下さいね!

| | コメント (5)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »