« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

月のひかり

今夜は綺麗な満月が闇夜に白く輝いています。もちろんお財布と通帳をフリフリしました。

あ、おととい、また変わった夢を見ました。

<夢>・・・・・風邪をひいたので薬屋さんに行きました。ドラッグストアではなくて漢方の匂いが漂うような古びた薬屋さんでした。「風邪でのどが痛いので何かいい薬はありませんか?」と聞くと「薬よりも、満月の光を浴びれば治りますよ」だって!

月を見てると、自分の中の不調和な部分を整えてくれるような癒しのエネルギーを感じ、夢の中の絵空事、とばかりも言えないような気がしました。 

| | コメント (3)

チャクラ②ムーラダーラチャクラ

チャクラのお話の2回目。今日はムーラダーラチャクラです。

「ムーラ」とは「根っこ」。「アーダーラ」は「支えるもの」。人間の体で言うと、根っこに当たるのは背骨の基底、尾てい骨にあるのがムーラダーラチャクラです。(肛門と会陰の間とも言われています)

7つのチャクラの位置は、背骨の下から言って、尾てい骨、丹田、みぞおち、胸、のど、眉間、頭頂の7箇所。

ムーラダーラは一番下で第1チャクラといわれ、基礎になるチャクラであり、根源的な生命力が湧くところ。何が何でも生きるんだ!!というバイタリティや性的エネルギーが湧くところでもあり、それが何かを生み出す創造力にもつながります。心身の土台作りをするので現実生活での安定感(定職についているか、家族との人間関係など)も影響します。

このチャクラが弱っていると、不安定感が強くなり生きる気力が失せ、ネガティブになってしまうことが多いです。だから、教室でよく言いますね「肛門閉めろ」と。閉めることでムーラダーラチャクラが活性化、元気になります!また、腰を丸くしたり反り腰にならずに、仙骨をしっかり伸ばすことで、根っこがぐ~んと下に伸びて行くようになります。

このチャクラの色は。10年位前かな、おばあちゃんの原宿(巣鴨)で赤い色のパンツや腹巻が流行したことがありますが、腰周りに赤を身につけることで元気になるって、チャクラ的にも理にかなってる^^。

山を歩いたり、温泉に入って大地のエネルギーを尾てい骨からもらうのもいいことですよ。

ポーズで言うと、V字バランス。尾てい骨から大地のエネルギーをもらいましょう。

| | コメント (9)

心身相関・・・チャクラ①スワディスターナチャクラ

久しぶりに風邪をひきました。1ヶ月前くらいから気にかかることがあり、色々と手を打っていたのですが、それが解決しそうになって肩の力が抜けたら、急にくしゃみが出はじめました。金土は鼻水、日月は咳、とすすんで、今はだいぶ落ち着き、ブログを書くゆとりがでてきました。

気が張ってたのがゆるむと風邪をひくってことがよくありますね。心にすき間ができると体も反応しやすくなるようで。心と体はつながってる、と感じることがよくあります。

ヨガでは、チャクラというものが7つ体の中にあって、心身相関のエネルギーセンターと考えられています。

たとえば腰のチャクラ=丹田のチャクラ=スワディスターナチャクラ

これは、やる気や情熱や実行力を生むチャクラ。腰が伸び、丹田がしっかりして、はらの力が高まってくると、自然と自信が湧いて「やってやるぞ!」という気になりますよね。

逆に、腰が丸まり力が抜けてしまうと、逃げ腰になってやる気も失せてしまいます。気分的にも不安感や自信喪失、マイナス志向が強くなってしまうのです。

私はまさにこの典型でした。やりたいことは色々あるのに「やる前からあきらめている」ようなところがあったのですが、ヨガで腰を鍛えることを教えていただき、少しずつ変わってきました。

といっても、いつもいつも元気いっぱい!ってわけではなくて、ふ~なんにもしたくないよ~、ってこともあるけど、だからこそヨガで日々自分の体や心を調整することが必要なんだなあと思います。ヨガは一生もの。楽器をチューニングするように自分をチューンニングして行けたら、潜在的なエネルギーがうまく発揮されるようになりますよ!

腰が弱くてマイナス志向が強い方へのオススメは・・・

スクワット、バッタのポーズ、T字バランス、英雄のポーズなど。

腰のマッサージ・・・座って手のひらで腰を上下に50回ぐらいさする。お腹のマッサージ・・・向かって時計回りに、手のひらで30~50回円を描いて。

丹田集中の瞑想・・・手のひらを下腹部に当てて手当てをし、お腹をを暖めながら丹田にエネルギーを集める 5~10分。

| | コメント (6)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »