« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

ただいま奮闘中!

皆さんこんにちわ!

最近忙しくて更新もなかなかできずにいたのですが、久々に、バレンタインを意識してチョコのデザインに変えてみました。どうでしょう~?

私は今、卒論提出に向けて奮闘中なので~す。卒論なんて、何年ぶりかしらん。

昨年1月から通っている、町田のヨーガニケタン「ヨーガ療法士養成講座(前期)」。

10回コースの最終回(3月)が、筆記と実技の試験、そして卒業論文の提出なのです。

私が選んだテーマは「プラーナーヤーマとはなにか」です。

プラーナーヤーマは調気法。呼吸法のことですね。

心と体を結ぶ道が呼吸。奥が深いので色々調べてみようと思ってこのテーマを選んでみました。

多分ほとんど本の引用になっちゃうと思いますが、それをどうまとめようかなぁと、苦心しております。

そこの試験は有難いことに、筆記試験には、テキストやノートなどは持ち込み可という寛大さ。すてき!

卒論も枚数制限はなくて、今まで落ちた人はいないらしいのですが、すでに終わった方の話では結構問題も多いので、ちょっと心配。

というわけで、毎日頑張ろう!!と思ってるのですが、休みの日はごろごろのんびりしているうちに日が暮れて・・・

ああ、どうなることやら・・・。

| | コメント (6)

「いどばたかいぎ」取材♪

今週月曜日は石川ヨガサークル・ハーモニーに、タウン誌「いどばたかいぎ」のレポーター千賀さんが取材にいらしてくださいました。

ヨガについてや、サークルの活動内容をお話したあと、長い生徒さんの体験談をインタビュー。

「月曜にヨガに来ると1週間元気に過ごせるけど、休むと1週間がだらだら過ぎてしまうんです。休むとヨガの良さが良く分かりますよ~」

「ストレスがたまらなくなって、イライラすることが減った。色々なことをあるがままに受け入れられるようになった」

などなど、いいお話をしてくれて、おお、そうかあ、うれしいなぁと私も感心してしまいました。

私がいくらヨガの効能を話すよりも、生徒さんの生の声のほうが何十倍も説得力があって千賀さんも聞き入ってらっしゃいました。

その後はみんなでポーズの写真をパチリ!美しくきまりましたよ!

その上、今日は体験が4人もいらして大賑わいの一日でした。

皆さんご協力ありがとう!感謝です。

「いどばたかいぎ」の掲載は2月7日号、藤沢北版ですので、どうぞお楽しみに・・・。

| | コメント (2)

ことだま(言霊)

昨日、生徒のMさんに、いいお話を伺いました。

職場が忙しく、人でも足りず大変なことが多く、同僚との会話にはどうしても愚痴ばかりだったそうです。

「ア~疲れた、-3ポイント」「ん~だるい、ー2ポイント」と、マイナスを数えることばかりだったそうな。

でも、どうやったって現実は忙しく大変なんだから、いっそのこと、今年は、良かったことのポイント制にしよう!と、変えたそうです。「○○ができた、+5」「△▼がうまくいった、+3」てね。

日本には古くから、「言霊(ことだま)」という言葉がありますが、どんな言葉を口にしているかで気持ちが全然違いますものね~。

Mさんの発想の転換、すてきだなあと思いました。

愚痴や文句、言い訳などがつい口をついて出てしまうことがありますが、私もMさんのように、なるべく肯定的な言葉を使ってゆきたいなと思います。

中山庸子さんの本は、さり気ない言葉の中に、はっとさせられるものがありますので、いくつかご紹介します。

          「明日が待ち遠しくなる言葉」(三笠書房)より

☆・・・☆・・・☆

自分自身の中に「光源」を持つ。

☆・・・☆・・・☆

試しに「あなたの夢の一つ」を公表してみましょう。

意外なところからあなたのサポーターが現れます。

そして「あなたの夢の一つ目」がかなったら、

「あなたの次の夢」も発表してみましょう。

今度は別のところから、次のサポーターが現れます。

☆・・・☆・・・☆

あなたが本当に求めているものは何かを知りたかったら、

「12歳の自分」を思い出してみること。

 

| | コメント (2)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »