« 肩甲骨…天使の羽が生えるところ | トップページ | 湘南台公民館 ヨガ講座 »

丹田(たんでん)について

「丹田(たんでん)」て知っていますか?

ヨガ教室では良く聞くと思いますが、漢字でどう書くか知らなかった方もいるかもしれませんね。

◆丹田の意味

体と心の中心点です。

バランスをとる中心でもあり、平常心とか不動心など落ち着いた心の中心点でもあります。

丹田を鍛えることが「はらを練る」ことになり、ヨガの目的の一つでもあります。

◆丹田の位置

おへそと、肛門と、腰椎3番を結んだ三角形の中心です。

さあ、お腹の内部へ意識を向けて感じてみましょう。

◆「上虚下実(じょうきょかじつ)」

丹田に重心が下がり、下半身がどっしり安定し、逆に上半身は余計な力が抜けてリラックスした状態。

これを上虚下実といい、心身の健康にはとっても重要なのです。

◆逆の状態=「上実下虚」

重心が上がり、肩には力が入り、下半身が冷え足腰が弱っている。

ここから、冷えのぼせ、腰痛、肩こり、自律神経の乱れ、イライラ、高血圧など様々な症状が出てきます。

これでは、精神的にも不安定になりますよね。

◆上虚下実にする工夫

特に寒い季節は「上実下虚」になりやすいので、「上虚下実」にする工夫が必要です。

前屈のポーズ、椅子のポーズ、木のポーズ、英雄のポーズ、わしのポーズ、バッタのポーズなど下半身を鍛錬するポーズを行いましょう。

他には、腰回し、足じゃんけん、歩くこと、足湯、腰湯など生活の中でとり入れてゆきましょう。

お腹が弱い方は腹巻したり、寝るときにお腹に手のひらを乗せて手当て(暖かい気を送る)しながら休むと、気持がよく深く休めます。

腹式呼吸や肛門を閉めることで重心が下がります。

|

« 肩甲骨…天使の羽が生えるところ | トップページ | 湘南台公民館 ヨガ講座 »

ヨガってなあに?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肩甲骨…天使の羽が生えるところ | トップページ | 湘南台公民館 ヨガ講座 »