« 98歳の詩人 | トップページ | 歩ける幸せ »

足るを知ること

先日の強会で、「ヨガの八支則」についてお話しました。

これは、ラージャヨガの修行の8つの段階を示したものです。

第1段階 ヤマ(禁戒) やってはいけないこと

第2段階 ニヤマ(勧戒) やったほうが良いこと

第3段階 アーサナ(座法) 理想的な姿勢をとること

第4段階 プラーナーヤーマ(調息) 呼吸の調整

第5段階 プラーティヤーハーラ(制感) 感覚のコントロール

第6段階 ダラーナ(凝念) 集中

第7段階 ディヤーナ(静慮) 無心の境地

第8段階 サマージ(三昧) 自他一如 一体化

と、なにやら聞きなれない言葉が続きましたが、日常生活の中で自分を律することから始めて、体を整え、呼吸を整えプラーナのコントロールをし、さらに瞑想を深めて三昧に至る8つのステップです。

この中で今日は、第1段階の「ヤマ」について書いてみますね。

ヤマ(禁戒)には、5つあります。

これは、誰にとっても必要な道徳律。

心を乱すものを禁じ、心身の浄化、調整に役立つ日常のモラル。

心の平成、安定を図るための自発・自主的なものです。

5つを簡単に言いますと、

1)非暴力

暴力を振るわない、人を傷つけない。物理的にだけでなく、言葉や目線などでも傷つけない。あらゆるものを生かすこと。

2)正直

嘘をつかないこと。間違ってることは間違ってると、分からないことは分からないと言うこと。

3)不盗

人のものを盗まない。物だけではなく、人の考えをまるで自分が考えたかのように話すこともこれにあたる。

人の考えに共感したら、それを自分の中で消化し、自分の体験を通して話すようにするといい。

4)禁欲

邪欲を持たない。節制する。

5)不貪

むさぼらず、生きるのに必要なもの以上を所有しない。

当然与えられるはずのものだけを受け取るのが自然。それ以上のものをほしがることでストレスや悩みが生まれることも。

自分に必要なものはすでに与えられているのだから、それに対しての感謝の気持ちを持つこと。

これらは、モラルとしては当たり前に感じるけれど、どれも実践するのはなかなか難しいです。

例えば、本やテレビで聞いた人の考えを、自分の考えのように話してしまう。

最低限のものだけでは満足せずに、あれもこれもとついほしがってしまう自分がいます。

何か望む方向があると、自分の器以上の結果を求めてしまい、うまくいかないと、焦ったり、不満が生まれたり、やる気がなくなったり…ということもままあります。

第2段階の「ニヤマ」(勧戒)にも、「知足」と言う教えがあり、この「足るを知る」こととも通じるのですが、

謙虚に自分を見つめれば、今の自分にちょうど良いものが現実として目の前に現われているのだなあ…と言う気がしてきます。

等身大の自分を考えれば、むしろ恵まれている。

ありがたいなあと思えることがたくさん見えてきます。

焦ったりイラつくよりも、足元を見て、まず今の自分ができることを地道にやってゆけばいい、と軌道修正できます。

望んでも無理…という消極的な意味ではなく、一歩進んだ積極的な意味での現実肯定。

そして感謝の気持ちをもって進んでゆきたいなと、今回のお話しを機に改めて感じたのでした。

|

« 98歳の詩人 | トップページ | 歩ける幸せ »

日々の想い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 98歳の詩人 | トップページ | 歩ける幸せ »