« ネーティ・ロタ | トップページ | 自分になること »

やさしい瞑想

「瞑想が苦手なんです」

こういう言葉を時々耳にします。

私もけっして得意ではないのですが、瞑想は好き。

なぜかというと

気持ちが落ち着いて穏やかになれるから。

頭と心の疲れが取れてスッキリするから。

心が澄んできて、普段より透明な目で周囲を見られるような気がするから。

自分を内省できて、いろいろな気付きがあるから。

前向きな気持ちが自然とわいてくるから。

次の日の朝、目覚めがいいから……………

瞑想するといいことがいっぱいありますよ。

瞑想が苦手と言う方は、

目を閉じて何分も座っていること自体になれていないだけかもしれません。

私たちの意識は日常では常に外側に向かっていますから、方向をかえて自分の内側に向ける、その練習をしてゆけば誰でもできるようになります。

次のような瞑想はならやさしいと思いますが、いかがでしょうか。

budまず呼吸に集中する。

次に、自分が好きな自然の風景や宇宙のイメージなど、こころが広がるイメージを思い浮かべて、その波動に浸る。

わずかな時間でも、現実から離れてこころがトリップすることで解放され、また現実に向かうエネルギーが沸いてきます。

また、一日の終わりに次のような瞑想もいいのでは…?

bud沢山の出来事の中から、

よかったこと、うれしかったこと、感動したこと、ありがたかったこと、

を思い返し、そのときの気持ちを十分に味わってみる。

何もいいことなかったなぁと思う日でも、立ち止まってみれば一つぐらいはいいことが。

ネガティブ思考になっているとき、そのまま寝てしまうとマイナスを翌日まで持ち越します。

寝る前にこの瞑想をすると、潜在意識を浄化し、気持ちのスイッチの切り替えになります。

瞑想は、何もテーマがなく座ってるだけだと、瞑想が妄想やいつも間にか睡眠に…(笑)

何かしらテーマに沿って 楽しんでやってみましょう!

|

« ネーティ・ロタ | トップページ | 自分になること »

ヨガの効果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネーティ・ロタ | トップページ | 自分になること »