« 綾瀬幼稚園での出張講座 | トップページ | 今年を振り返って・・・ »

夏樹静子さんの本

レッスンでも紹介した、作家夏樹静子さんの本をご紹介します。

Photo  

◆「椅子がこわいー私の腰痛放浪記」

夏樹さんの腰痛体験が赤裸々に語られています。

突然始まった腰の不調。検査を受けても原因不明。

症状はひどくなる一方で、一時は椅子に座ることさえできなくなり

直りたい一心で、人に良いといわれたありとあらゆる治療法を試し

読んでいると、「え、こんなことまで!!」とびっくりするのですが

その必死さが伝わってきます。

しかし症状は一向によくならず、

3年目にしてようやく心療内科の先生に出会い、典型的な心身症と診断されます。

心身症と診断されたことに夏樹さんはとまどい抵抗するのですが

入院し絶食療法、カウンセリングによって、自分を見つめなおし

3年も悩まされたひどい腰痛からようやく開放され、

椅子に座るという当たり前のことが当たり前にできるようになります。

心療内科の医師の言葉が印象的。

「あなたは典型的なワーカホリック。

あなたの潜在意識は、

作家・夏樹静子と言う存在を支えきれなくなって疲れきって悲鳴をあげているのです。

そこで、病気になれば休めると考えて、幻のような病気を作り出して逃避したのです。

<疾病逃避>

これがあなたの病気のカラクリなのです。

人間の意識の下には、何十倍もの潜在意識が潜んでいるのです。」

潜在意識がそれほどの力を持つなんて…。 

人間存在の不思議さを感じられる本です。

Photo_2

◆「心療内科を訪ねてー心が痛み心が治す」

夏樹さん自身の体験の他、心療内科の患者さんたち数名を取材して、

その症状や回復のプロセスについて書かれた本。

心身症は、心の問題が原因でからだに現われる病気の総称ですが

治癒するには

自身の心のあり方や家族関係などへの深い洞察がとても大事で

内的な気付きの深まりとともに回復に向かってゆくことがわかります。

それはまるで魂のドラマ。

心とからだがこんなに繊細につながっているのかと言う驚きとともに興味深く読みました。

心身症が決して特殊なかけ離れたものではないと感じられます。

ご一読をオススメします。

|

« 綾瀬幼稚園での出張講座 | トップページ | 今年を振り返って・・・ »

ヨーガ療法」カテゴリの記事

本・映画・音楽etc」カテゴリの記事

コメント

深層心理おそるべし!ですね、そんなことってあるんですねーー!

私も今度読んでみたいです(^o^)/

投稿: fumifumi | 2010年12月13日 (月) 23時36分

ぜひどうぞ…!
fumifumiさんも面白い本があったら教えてください^^

投稿: yuri | 2010年12月14日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 綾瀬幼稚園での出張講座 | トップページ | 今年を振り返って・・・ »