« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

ディプロマいただきました

町田のヨーガニケタンで

ヨーガ療法士養成講座の卒業証書をいただきました。

インドのヴィヴェーカナンダヨーガ からのものです。

Photo

木村慧心先生より直々に授与していただき、

感慨深いものがありました。

ヨーガ療法の勉強を通して、

ホリスティックに人を癒し幸福に導くヨガの知恵を教えていただきました。

これからも精進します^^

| | コメント (0)

自分って何…?

最近 NHKの朝ドラ「おひさま」にはまってます。

戦中~戦後のドラマで、大震災後の今の日本と状況がダブります。

トシのせいでしょうか、

何気ないシーンがじーんと胸に響き涙することが多いのです^^;

で、「おひさま」の後の「アサイチ」も役立つ情報が多いのですが

先日、さだまさしさんがゲストで登場し

楽しいトークの中で、こんな話をされていました。

17歳の頃、悩み多く 不眠に陥り 

毎日、模造紙に「今日の不満」を色々と書き出したそうです。

毎日書いていると同じようなことが何回も出てくる中、書くだけで気が済むものもあり

そういうものは消して、残ったものを見てみると、

結局  「自分って何…??」

……それは、哲学だって気がついたそうです。

そんな大きな問題に17歳の自分に答えが見つけられるわけもなく

40歳までに何かが分かればいいな と考えなおして

ノイローゼから快復したそうです。

でも40歳には分からず、60歳までに分かればいいな…と答えを伸ばし

今は60歳手前に来て まだ分からないので、80歳までに何か分かれば…と思っているそうです。

「自分って何・・・?」

それを知るためにヨガが生まれてきました。

ヨガのスタートはここにあるのです。

永遠の問い。

創作の根源もヨガの源と同じなんですね

| | コメント (0)

ろうそく瞑想

木曜夜7時〜は南林間カルチャーセンターのクラス。

今日はキャンドル瞑想をしました。

ジャスミンの香のアロマキャンドルです。

Photo

キャンドルの光をしばらく見つめ、その後目を閉じて、眉間で炎をイメージ。

最後は胸に光をイメージしました。

光のきらめきが美しく、気持ちが落ち着いて静かになり

なつかしさと、いとしさがわいてきました。

生徒さんからも

    落ち着いた

    集中できた

    気持ちが良かった

         …と好評でした。

光というのは、霊的な意識のシンボルです。

また、ろうそくの炎を凝視するのは「トラタカ」といって6つの浄化法の一つです。

脳と神経中枢を刺激し、視覚を強化し、不安定な心を落ち着かせ、集中に役立ちます。

| | コメント (0)

かわいくってしょうがない

迷い猫か 捨て猫か 分からないけど 先週から チビ猫がうちのアパートにいるのです。

最初会ったときは、暑さと飢えでかなりやせ細っていて

なき声も ほんのかすかに「ぴー ぴー」と聞こえるくらいで。

でもえさや水をあげてたら、少しずつ元気になって 今は ぴょんぴょん動き回ってます。

1

なかなかの器量良しでしょ。

最近は なき声も「にやあ~」とはっきり聞こえるようになり

自転車のサドルの上にも 自力でのぼって やんちゃな顔を見せてます^^

この前は 私の指にじゃれてくれて…

Photo

もう、かわいくってしょうがない!o(*^▽^*)o

| | コメント (0)

塩沢先生「リラックスヨーガ」

今月から、また、塩沢賢一先生の「リラックスヨーガ」の講座に通い始めました。

ずっと行きたかったのですが、ばたばたして時間がなかなか取れず、今年初めての参加でした。

久しぶりにお会いした先生が、

「今日は富士山が見えてますよ~」と窓際に呼んでくださいました。

見ると、夕映えの美しい富士山のシルエットが!

藤沢駅ビルの9階です。

ここからこんなに綺麗な富士山が見えるなんて…

尊敬する先生と一緒にその光景が見られたことに感激(* ̄ー ̄*)

富士市の実家から眺める姿とはまた違う美しさがありました。

塩沢先生のレッスンを受けて、心身ともにすごくほぐれ、ゆるみました。

いつも非日常の別世界に連れて行ってくださる。

とても粒子の細かな光に包まれているような。

それに深いところで安心できる。この安心感は何だろう…?

ところで、その後も茅ヶ崎から富士山が綺麗に見え、冬ならまだしも夏にしては珍しい。

節電などの影響で空気が澄んでいるのでしょうか…?

| | コメント (0)

こころのコントロール

★インド古来の身体観に「人間存在の五蔵説」があります。

人間は次のような五つの鞘で成り立つものだと言います。

1.「食物鞘」(肉体)
2・「生気鞘」(エネルギー体)
3.「意思鞘」(感情、知覚)
4.「理知鞘」(知性)
5.「歓喜鞘」(魂)

それだけ人間はホリスティック(全体的)な存在であり、ヨガは五つの鞘のすべてにアプローチできるもの。

そんなお話を教室でさせていただきました。


それについて、生徒さんが感想を話してくれました。


★ヨガ歴4年のYさん

「前は、よく考えないでやって失敗することが多かったけど、今はワンクッションおいて考えるので失敗がなくなった。

ヨガで自分のことを意識する習慣がついたからか、客観的に見られるようになったみたい。

最近友達にも 変わったね!って言われます。

入会して1年目は、ポーズをするために来てるだけで、心と体のつながりって良くわからなかった。

でも今はすごくつながっているのを実感してます。ヨガってすごいな〜と思う。

今日も、疲れてたから休んじゃおうかな…と思ったけど、来てみたらすっきりしました。」


★ヨガ歴6年のOさん

「からだのコンディションを整えにきてるのですが、いつの間にか、気持ちのコントロールが上手になってるんですよね」


★ヨガ歴6年のMさん

「落ち込むことが減りました。心配事があっても気持ちの切り替えがうまくなりました」


皆さん、それぞれにヨガのギフトを受け取られていて、嬉しいです。

年数ではないけれど、続けた分だけ、感じる世界が深まってきます。

ポーズがうまくできるかできないか、などということがさほど気にならなくなったころ、肩の力がぬけて、眼には見えないところでのかすかな変化がわかるようになってきます。

ヨガってほんとに面白い!そして深いんです。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »