« 家庭と仕事  | トップページ | 塩沢先生「リラックスヨーガ」 »

こころのコントロール

★インド古来の身体観に「人間存在の五蔵説」があります。

人間は次のような五つの鞘で成り立つものだと言います。

1.「食物鞘」(肉体)
2・「生気鞘」(エネルギー体)
3.「意思鞘」(感情、知覚)
4.「理知鞘」(知性)
5.「歓喜鞘」(魂)

それだけ人間はホリスティック(全体的)な存在であり、ヨガは五つの鞘のすべてにアプローチできるもの。

そんなお話を教室でさせていただきました。


それについて、生徒さんが感想を話してくれました。


★ヨガ歴4年のYさん

「前は、よく考えないでやって失敗することが多かったけど、今はワンクッションおいて考えるので失敗がなくなった。

ヨガで自分のことを意識する習慣がついたからか、客観的に見られるようになったみたい。

最近友達にも 変わったね!って言われます。

入会して1年目は、ポーズをするために来てるだけで、心と体のつながりって良くわからなかった。

でも今はすごくつながっているのを実感してます。ヨガってすごいな〜と思う。

今日も、疲れてたから休んじゃおうかな…と思ったけど、来てみたらすっきりしました。」


★ヨガ歴6年のOさん

「からだのコンディションを整えにきてるのですが、いつの間にか、気持ちのコントロールが上手になってるんですよね」


★ヨガ歴6年のMさん

「落ち込むことが減りました。心配事があっても気持ちの切り替えがうまくなりました」


皆さん、それぞれにヨガのギフトを受け取られていて、嬉しいです。

年数ではないけれど、続けた分だけ、感じる世界が深まってきます。

ポーズがうまくできるかできないか、などということがさほど気にならなくなったころ、肩の力がぬけて、眼には見えないところでのかすかな変化がわかるようになってきます。

ヨガってほんとに面白い!そして深いんです。

|

« 家庭と仕事  | トップページ | 塩沢先生「リラックスヨーガ」 »

ヨガの効果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家庭と仕事  | トップページ | 塩沢先生「リラックスヨーガ」 »