« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

朝日新聞の記事より  「不眠が心を守る?」

嫌なことや心配事があって眠れない・・・

そんな経験はだれしもありますよね。

眠れなくて辛い…とつい悲観してしまうけど、

眠れないのは、嫌なことを忘れるための体の防衛反応かもしれないそうです。

朝日新聞の「1分で知る豆医学」の「不眠が心を守る?」という記事。

不眠で悩む方には、ちょっと心が軽くなりそうな内容でしたので紹介させていただきますね。

国立精神・神経医療研究センターの精神機能研究室長・栗山健一さん達は、

バーチャルリアリティのシステムで再現した交通事故体験による心の痛みが、睡眠によってどう変化するかを研究しているそうです。

その結果、事故を体験した日に徹夜した人はストレスが数日で落ち着いた。

が、十分に睡眠を取った人は10日後になっても似たような車の画像を見ただけで、手に汗をかくなどのストレス反応が続いていた。とのこと。

そこから、

「眠れないのは、嫌な記憶を強化させないための自然な反応かもしれません」とのこと。

……そうだとしたら、多少眠れなくても気にすることはないですね。

睡眠は、体の休息や免疫系を強めるためだけではなくて、その日に学習した記憶を強化することに関連しているそうですから、

試験勉強とか、あまりがんばって徹夜するよりしっかり睡眠も取ったほうが自分のものになるってことですね。

| | コメント (0)

今まで体験したことのない解放感♪

皆さんこんにちわ。

リフレッシュヨガ・アーユの ゆりです。ご訪問頂きありがとうございます。

6/1発行の「ふれあい朝日」さんに掲載されてから、おかげさまで教室へのお問い合わせ&体験参加の方が増えました。

ありがとうございます(^O^)

先日ヨガ体験された方は

「今まで体験したことのない解放感です。気持ち良かった〜♪やっぱり教室で習う方がいいですね」

と、ご入会の申し込みを頂きました。

ヨガは以前DVDを見ながらやった事があったけど、そのときはゆっくりした動きは自分には合わないのかなと思われたそうです。

でも今日体験してみて、ポーズによる緊張とその後のリラックスによって、すごく力が抜けて肩も楽になった〜と喜ばれていました。

私の教室では、難易度の高いポーズや過度に柔軟性を要するポーズはあまり行いません。

アクロバティックな事よりも、心身と向き合うこと、呼吸を感じること、深くリラックスできることを大切と考えているからです。

運動量・活動量の多いヨガを求めている方には物足りないかもしれません。

でも、体力に自信はないけど体を動かしてみたい方、体が硬いので無理のない事から始めたい方に向いています。

特にストレスが多い方、まじめな頑張り屋さん、周りに気を遣いすぎて疲れちゃう方、癒されたい方などには最適です!

それと、スポーツクラブ的雰囲気が苦手という方にもいいですよ(^O^)

……かなり主観入ってますが(笑)

ご興味もたれた方はどうぞお気軽にお問い合わせ下さいまし。

お待ちしております(^O^)

メールはこちら

HPはこちらをご覧ください。

| | コメント (0)

ふれあい朝日さんに掲載されました♪

皆さんこんにちわ!

天候不順で風邪を引いている方も多いようですが、私も先週から風邪を引いてしまいました。

喉に来る風邪で、咳やのどの痛みが続きましたが、ようやくぬけてきました。

その最中はつらいですが、治り始めてくると何かスッキリした感じがあり、風邪はやはり浄化作用だなあと実感します。

さて6月1日に発行された朝日新聞のミニコミ誌「ふれあい朝日」(NO.288)で、教室が紹介されました。

写真の教室は藤沢教室です^^

「わあ~ずいぶん広く見えますね」って生徒さん。

そうですね、実物もいいのですが、実際より広く綺麗に見えます(笑)

Photo_2

Photo_3

生徒さんのステキなコメントも載せてくださったので、その部分だピックアップしてみますね。

「呼吸、歩行、姿勢などが徐々に変化してゆくのを感じながら、いつの間にかメンタル面でもリフレッシュされていることに気づかされる」と取材時の生徒さん6名が口を揃えた。

「ストレスの多いサラリーマンにこそ必要」(黒一点の50代男性)

「シニア世代にこそ必要」(60代女性)

「自分の体調を知り心と向き合うのに有効」ととても自然体(20・30代女性)

……

教室の雰囲気を良く伝えてくださっていると思います。

生徒さんと担当の近澤さんに改めて感謝ですheart04

で、早速お問合わせが入りました^^ 

これを機に新しい出会いが増えることを願っています。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »