« 今まで体験したことのない解放感♪ | トップページ | 7月のスケジュール »

朝日新聞の記事より  「不眠が心を守る?」

嫌なことや心配事があって眠れない・・・

そんな経験はだれしもありますよね。

眠れなくて辛い…とつい悲観してしまうけど、

眠れないのは、嫌なことを忘れるための体の防衛反応かもしれないそうです。

朝日新聞の「1分で知る豆医学」の「不眠が心を守る?」という記事。

不眠で悩む方には、ちょっと心が軽くなりそうな内容でしたので紹介させていただきますね。

国立精神・神経医療研究センターの精神機能研究室長・栗山健一さん達は、

バーチャルリアリティのシステムで再現した交通事故体験による心の痛みが、睡眠によってどう変化するかを研究しているそうです。

その結果、事故を体験した日に徹夜した人はストレスが数日で落ち着いた。

が、十分に睡眠を取った人は10日後になっても似たような車の画像を見ただけで、手に汗をかくなどのストレス反応が続いていた。とのこと。

そこから、

「眠れないのは、嫌な記憶を強化させないための自然な反応かもしれません」とのこと。

……そうだとしたら、多少眠れなくても気にすることはないですね。

睡眠は、体の休息や免疫系を強めるためだけではなくて、その日に学習した記憶を強化することに関連しているそうですから、

試験勉強とか、あまりがんばって徹夜するよりしっかり睡眠も取ったほうが自分のものになるってことですね。

|

« 今まで体験したことのない解放感♪ | トップページ | 7月のスケジュール »

健康法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今まで体験したことのない解放感♪ | トップページ | 7月のスケジュール »