« 果報は寝て待て | トップページ | 富士教室 »

人間万事塞翁が馬

いつもご覧いただきありがとうございますm(__)m
リフレッシュヨガ・アーユの鈴木です。

ねこのポチ袋、可愛いですね(^-^) ねこ見ているだけで和みます。


さて今日は、ヨガの考え方にも通ずる中国の故事をご紹介します。よかったらお読み下さい。

**********

『人間万事塞翁が馬』

昔、国境の砦の近くに一人のお爺さんが住んでいました。

ある日、そのお爺さんが飼っていた馬が逃げてしまい、周りの人達は慰めたが、お爺さんは「これが幸いとなるだろう」と言いました。

やがて逃げた馬が別の馬を連れて帰ってきました。周りの人達がお祝いをすると、お爺さんは「これがわざわいとなるかもしれない」と言いました。

そのうち、お爺さんの息子がその馬に乗って落馬して足の骨を折ってしまいました。人々がお見舞いすると、お爺さんは「これが幸いとなるだろう」と言いました。

一年が過ぎる頃、隣国との戦争が起きたが、息子は足が不自由なため召集されず、父と生きながらえることができました、とさ。

**********

この故事の意味は、

【人生は常に移ろいでいるので、幸・不幸は予想できない、絶対はない】ということの例えです。

悪いことも良いことも、永遠に続くわけではなく、全て波のように移り変わるもの。

だから、起きてくる出来事を受け入れ、目先のことで一喜一憂せず、結果を気にせず、今この瞬間を大切に、やるべきことを淡々とやる。

「カルマヨガ」の考えがこの故事と重なります。


私も15年以上前、うまくゆかないことの連続で、一度ヨガを離れたことがありました。その頃、自分は何をやってもうまく行かないような気がしていました。

でも、引っ越した先で新しい出会いがあり、時代が変わり新たな道が開けました。自分はヨガが好きだな〜と改めて気付き、再開して今に至っています。

落ち込んだ時期があったからこそ自分にとって大切なことがわかったわけですから、明るい陽の時期だけでなく、暗い陰の時期もまた意味があるなぁと思います。

本当に何が幸か不幸かわかりませんから、焦らず腐らず、舞い上がらず、今を大切に生きたいですね。


|

« 果報は寝て待て | トップページ | 富士教室 »

ヨーガ療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 果報は寝て待て | トップページ | 富士教室 »